使えば分かる社外製インクの魅力

互換品やリサイクル品などの純正以外のインクに関して

安くて手軽に使える社外製インクの素晴らしさをご案内

交換用カートリッジが高くて困っている時に最適

初めてプリンターを買う時は印刷の美しさや本体価格は詳しく調べても、交換用のインクカートリッジに関しては、殆ど比較検討しないことも多いのではないでしょうか。正しくはそこまで気が回らないと言った方が良いかもしれませんが、何れにせよプリンターを使い始めてから、意外と印刷代が掛かることに気がつく筈です。それはひとえに純正カートリッジの値段が高いからですが、そんな時は互換製品やリサイクル製品などの社外製インクに目を向けてみましょう。安い通販ショップなら純正品の半分程度の値段で販売されているので、印刷代を大きくコストダウンできます。brother製プリンターに対応する製品も多数ラインアップされていますから、brotherのプリンターをお使いの場合でも購入可能です。

互換製品とリサイクル製品の特徴

互換製品とリサイクル製品の特徴ですが、前者は各販売会社が独自にデザインしたタンクにインクを詰めた製品です。なのでカートリッジの見た目は純正品と異なります。それに対し、リサイクル製品は純正品などの空タンクにインクを詰め直した製品ですから、基本的に外見は純正品と同じです。カートリッジこそリサイクル品ですが、中身の顔料や染料は新品なのでその点は大丈夫です。また、リサイクル製品はもちろん、互換製品も使い方は純正品とほぼ一緒のため、どなたでも簡単に使えると思います。そして、一つだけ気をつけておくと良いのは、初めて社外製インクを使う時は、カートリッジの交換後、何枚か試し刷りすることです。互換製品やリサイクル製品は、純正品と混ざっても不具合がなるべく出ないように作られている筈ですが、交換直後は双方のインクが混ざって綺麗に印刷できない場合があります。プリンター内のインクが全て社外製で満たされれば安定しますから、後は通常通り印刷可能です。これは再度純正品に戻す場合や、違う販売会社の互換製品やリサイクル製品などに切り替える場合も同様のため、覚えておいて損はありません。

業務での印刷コストを劇的に下げたい時は

brother製のプリンターと言えばオフィスや店舗などで使われるケースも多い訳ですが、業務で酷使する場合はインクの消費量も半端ではないと思います。ですから多大な印刷コストを何とかしたいとお考えの際は、brother製プリンターに対応する互換製品やリサイクル製品を活用するのが良策です。殆どの販売ショップでは大量購入も大抵可能ですから、大口注文OKの業者を選ぶと良いでしょう。そこで、先ずはどんな製品が揃っているか、価格なども含めて色々チェックするのがポイントです。

人気記事ランキング