brotherプリンターインク

インク代の節約ができる

brother詰め替え用のお得なインクを使おう

お得な詰め替え用のものを使おう

brotherのインクには純正のものと互換のものとお得な詰め替え用があります。買ったばかりの時は、付属品としてついてくる純正のものがそのまま使えますが、使ってインクがなくなったときは、お得な詰め替え用を使いましょう。理想としては、brother純正のインクカードリッジを各色2つ買い求めて、無くなり次第詰め替え用インクを使うと、たいへんお得な使い方ができます。どこのメーカーにも、純正と互換と詰め替え用が用意されています。家電量販店で買い求めようとすると、たくさんの商品が壁いっぱいに並べられています。種類が多すぎて、間違えて違うものを買ってしまう恐れがあるので、必ず商品の品番を紙か携帯電話のカメラに控えて、店員さんに聞いて、正しいものか確認してから購入するようにしてください。現物を持って行ってもかまいません。そうすると、購入の際に間違いがなくなります。買っても品番が違っていて使えなかったという悲劇から逃れることができるのです。

brotherの互換インクは一見安価ですが、使うのはそれ一回きりしか使えないことをお忘れなく。互換のものを使い切った後に、詰め替え用インクを使おうとしても、中身が入らないので、互換のものが無くなったら、残念ながらそのままゴミとして捨てるしかないのです。ですから長い目で見れば、純正インクカードリッジを各色2つ買い求めて、常に詰め替え用のものを常備して、カードリッジ本体が無くなったら詰め替えて使う方が、お得に使うことができます。安さにつられて互換のものばかり買わないようにしましょう。長い目で見ればお得ではないのですから。また、紙も、節約のためにはできるだけコピー紙を使いましょう。コピー紙はちょっと重いですが、紙代の節約になります。写真や画像加工ソフトなどでデザインしたものを印刷するときだけ、高級な光沢紙を使うなどして、節約のためには常に紙の使い分けをしましょう。

消耗品をお得に使うためにはどうすればいいか

インクという消耗品をお得に使うためにはどうすればいいのでしょうか。まず、必要ではないページは印刷しないことが大事です。必要ではないページを印刷しないことは、紙代の節約にもなりますし、余分な気味を減らすこともできます。パソコンの印刷設定をよく見て、必要なページしか印刷しないようにしましょう。また、インクを詰め替える時、手が汚れてしまうイメージがありますが、brotherの詰め替え用インクは手が汚れにくい設計になっていますので、安心して詰め替え作業を行うことができます。

人気記事ランキング